LINEで送る
Pocket

ブログをご覧の皆様、こんにちは!

南魚沼地域復興支援センター 酒井 晴香 です。

 

 

先日、一本の電話が支援センターへ入りました。

「昌子さん、酒井さん、ちょっと相談があるんです」

上田ふるさと協議会 貝瀬事務長よりご連絡をいただき、

主任と二人で出かけてきました!

 

上田地区は、日本百名山・巻機山や金城山がある地区です。

 

3

 

春になると巻機山の麓では、大山桜(オオヤマザクラ)が満開になるのだとか…

(【夢あふれる四季の里、清水】様(http://yumeshimizu.jp/) ホームページにて

昨年のオオヤマザクラの写真がご覧いただけます。)

 

あ、ちなみに。南魚沼の桜は、4月下旬~5月上旬がお花見の季節になります(*^ ^*)

九州では3月の下旬に桜が咲く地域もあるそうですが、

南魚沼は豪雪地ですから、春の訪れも少しゆっくりなんです。

南魚沼市に桜を見にいらっしゃるときは、4月下旬~5月上旬にお越しくださいね♪

 

 

その巻機山のある、上田地区センター到着。

この日は朝、車に20センチくらい雪が積もっていたかなぁ…

IMG_2235

 

玄関には、スリッパまで用意してくださっていました…お心遣いが嬉しいです。

 

IMG_2236

 

「さぶいーさぶい~おごった~~~(*_*)」 と、

暖かい部屋へ飛んでぐ(走っていく)主任を追いかけ^^;部屋へ入っていくと、

貝瀬事務長 「ご紹介しますね」

 

2-2

 

貝瀬 秀行(かいせ ひでゆき)さんをご紹介くださいました(^^)

(左・貝瀬事務長 右・貝瀬秀行さん)

 

貝瀬事務長から貝瀬さんのご紹介…ダブル貝瀬さん!

上田地区には貝瀬姓が多いんですよね(^^♪

 

2-3

 

貝瀬さんは、3年前まで市内の中学校の校長先生をしていらっしゃったそうです。

うん、納得!ハキハキと明朗快活にお話をしてくださいます。

 

貝瀬さんは現在、毎年6月に行われる

【登川清流ジョギング大会】の実行委員長をなさっています。

 

登川清流ジョギング大会、今年の6月の開催で第9回目!

 

登川清流ジョギング大会は、今年も6月に開催予定!

ということで、いろいろお話を聞かせていただきました(*^ ^*)

 

マラソン大会ではなく、ジョギング大会

 

今回のミーティングを行う前に、ふと疑問に思いました。

【マラソン】 と 【ジョギング】 の違いってなんだろう?

 

【ジョギング】…健康増進や維持を目的としたもの。ウォーキング(健康の為にかなり早く歩くこと)の延長上とされており、無理のないスピードで走るもの。

【マラソン】…設定された距離の中でタイムや順位を競う陸上競技。

 

ほぉ~~。 確かに。

 

実行委員長・貝瀬さんも、「なぜジョギング大会なのか」についてお話してくださいました。

 

「マラソンではなく、ジョギングなんです。

タイムを計測して順位をつけたり、表彰式をしてメダルや賞品も出るけど、

あくまで 楽しく・アットホームな雰囲気でやることを大切にしたいんだ(*^ ^*)」

 

ステキな考えです(*^ ^*)

 

おらみたいに、げっぽから○番目…(――;)なんてしょは、気軽に楽しめそうだねっか(^^♪

(訳:私みたいに、後ろから数えて○番目…(――;)なんて人は、気軽に楽しめそうですよね(^^♪)

 

今年は例年以上にたくさんの人に参加してもらいたい…

 

実行委員長の貝瀬さんは、毎年市内の小学校へポスターを持参し、PRに行くそうです。

毎年5月1日号の 市報「みなみ魚沼」 にも、募集の案内を掲載しています。

 

というように、今までのPRは市内各所へ行ってきましたが

これからは市外の方に向けて情報発信し、更に、更に、いろんな人から参加してもらいたい…

 

南魚沼市民の方はもちろんのこと、

市外の方、県外の方にもどんどん参加してもらいたい!

更には、交流もしていきたいな…

 

実行委員長・貝瀬さんのそんな想いをお聞きしました。

 

更に、ミーティングの中でこんな話も出て来ました。

「軽トラでの移動販売をしている人に出店をお願いしてみるのはどう?」

「今までポスターを塩沢地域にしか配布したことなかったから、

六日町地域や大和地域にも配布していったらどうだろう?」

 

例年より更にたくさんの方に参加していただき、

活気のある大会にするための意見がどんどん出てきます…!

今年開催で第9回目になる「登川清流ジョギング大会」。

支援センターはどんどんお手伝いをしていきます!

 

【登川清流ジョギング大会】 今後も順次ブログに掲載します(^^)/

 

 

記:酒井 晴香

LINEで送る
Pocket