こんにちは!

南魚沼地域復興支援センター 小林悦雄です。

今日は中之島地域づくり協議会のパワフル副会長をご紹介します。

中之島といえば・・・旧塩沢ののどかな田園地帯・雪国マンゴーや最近では五郎丸という地域名

があることで有名です。

 

旧塩沢南魚沼の五郎丸地域のご紹介です!是非ご覧下さい▼

http://minamiuonuma.life/blog/shiozawa_area/nakanoshima/9905/

 

とある日、地域づくり協議会の事務局にお邪魔をすると

「差し入れもってきたよ。」

一人の上品な女性がおいでになり

手作りカステラを差し入れしてくださった。私まで頂きました。

(うれしくて食べるのが先で・・写真撮り忘れてしまいました。紹介できずごめんなさい(――;)

・・・だれだろ????

「おらどこの副会長だ・・・この人はおらどこのイベントの集客マシンだ・・・」

荒川事務長さんより紹介いただきました。

すると忙しそうで?すぐにお帰りになりました。

 

荒川事務長に、お話伺うと【みつばつつじの会】なる組織の会長さんでした。

まちづくり協議会の提案事業でご尽力いただいている方との事でした。

 

4

 

支援センターに戻って主任に報告すると 「名前は?」 「何してる人?」 と聞かれ答えられず・・・・

タジタジ・・・年は取っても修行足りんな・気が回らないな・・・猛反省(^_^;)

「そんげ素晴らしい女性、ほっといちゃだめだっぺな~(笑)」

早々、荒川事務長に連絡し「協議会活動にご尽力いただいている方ぜひお会いしたい」と

お願いしセッティングして頂きました。

 

7

 

お名前は三井厚子さん

出身は長岡市。中之島地区大原にお住まい。大原運動公園があるところです。。。

(舞子後楽園スキー場のゴンドラ駅に向かう通りの集落=春の桜並木は 最高・・市営大原運動公園のところ)

 

大原 桜並木

 

みつばつつじの会発足~まちづくり協議会に参画の経緯は・・・・

大原運動公園が整備され現在に至る中、

公園事務所にお勤めされ、道路・各グランドは 整備されていったが、

周りに花壇があるものの誰も花の植えつけ管理をしないため、有志(女性)を募り

70名くらいのボランテアでスタートしたそうです。

作業は、ボランテアでも植え付けの花苗・資金もなく試行錯誤したそうです。

新潟県の『みどり100年ものがたり』なるプロジェクトを知り、申請を試み、2年間の助成金を頂くことができました。

(申請に際し、団体名もないため・・・色々思案する中新潟日報紹介で南魚沼の花【みつばつつじ】知り名前を拝借した)

 

8

 

助成金が終了すると、また資金難となり、苦肉の策として各地域・各家庭・事業所を廻り

一口1000円の支援を頂いたのだそう・・・

その後、市の○○基金・社会福祉協議会・コメリ緑化活動支援の援助をうけ、活動を継続してきました。

今では、まちづくり協議会の提案事業で花植え活動も継続でき、

みつばつつじの会&園管理事務所&大原婦人会&まちづくり協議会合同で、花植が毎春の行事となったそうです。

 

7

6

 

そんな経緯の中、まちづくり協議会より「女性目線での発言してほしい」と要請をうけ

協議会の意向をくみ副会長をやって頂いている方です。

 

イベントの集客方法は、ご案内はがき300枚位発送しイベントポスターを保育園・スーパー・公共施設に公示し

地域民に周知頂く特別な方法手段では無いそうです。

みつばつつじの会活動内容は、運動公園の花植え~管理・料理教室・他イベントとして、

年一度9月中旬の2日間改善センターでバザーを開催!

(手先の器用な会員および周りの協力をいただきプロ並みのものを、安く販売して花植え資金の補充に充てている)

 

3

5

 

花を植えて公園をきれいにしたい。ただその思いからスタートされ苦労思案の末現在に至った事・・・

真直ぐで一途な思い感動いたしました。

春になったらぜひ皆様一度足をはこんでみてはいかがでしょうか?

主任いわく、こういう・・地域で活躍している女性団体の皆さんが必ずいるので、

地域づくり協議会のメンバーに入っていただき

女性目線で地域づくりに関わっていただけると地域の花もますます咲き誇るよね♪

なるほどなるほど・・・

「そんげ素晴らしい女性、ほっといちゃだめだっぺな~(笑)」の意味がわかりました。

 

通学路の花植えの様子です。ご覧ください。▼

http://minamiuonuma.life/blog/shiozawa_area/nakanoshima/2826/

花いっぱいの中之島地区センター花壇作りの様子ですご覧下さい。▼

http://minamiuonuma.life/blog/shiozawa_area/nakanoshima/4159/

 

記:小林悦雄