LINEで送る
Pocket

7月末の新潟・福島の記録的な豪雨は南魚沼市内各地に

甚大な被害をもたらせました。

e5b4a9e3828ce3819fe5b1b1

e5b4a9e3828ce3819fe98193e8b7af1

南魚沼市社会福祉協義会は7月30日(土)に

南魚沼市災害ボランティアセンターを開設し

e58d97e9ad9ae6b2bce5b882e781bde5aeb3e3839ce383a9e383b3e38386e382a3e382a2e382bbe383b3e382bfe383bc

市民ボランティアの募集を始めました。

e6b4bbe58b95e794b3e8bebce381bf

災害に遭われた高齢者、障害者の世帯を優先的に浸水家屋の掃除、片付け、

屋内外の泥や土砂の片付け作業などが主な支援活動です。

連日20~70名の市民ボランティアの皆様が支援活動に取り組んでいます。

5日(金)には塩沢中学校の子ども観光大使の皆さんから

自発的に活動の申し込みがあり

被害にあった家屋の土砂の片付けや掃除に一生懸命取り組みました。
e5a1a9e6b2a2e4b8ade5ada6e6a0a1e3839ce383a9e383b3e38386e382a3e382a21

南魚沼支援センターでも8月3日(水)より

市民ボランティアの方々と一緒に支援活動に参加しています。

e6b4bbe58b95e381aee6a798e5ad902
e6b4bbe58b95e381aee6a798e5ad9011

今後、さらに一般家庭への支援を進めていく中で当センターも引き続き

災害ボランティア活動に取り組んでいく予定です。

記:上村 克則

LINEで送る
Pocket