LINEで送る
Pocket

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

 

新年最初のブログは塩沢商工高等学校の生徒の皆さんが頑張っています!
というニュースから。

 

昨年の12月、新潟日報にも掲載していただきましたが
平成 27 年度 オンリーワンスクール新潟未来プロジェクトというのがありまして、
地域復興支援員としてお手伝いして来ました。

 

まず、それはなぁに?という説明から。

県教育委員会は、地域と連携した特色ある学校づくりをさらに推進するため、
27年度から実施する事業として、このプロジェクトの実施校を18校指定しました。

選ばれた学校の中に市内の塩沢商工高等学校があります。

※実施校についてはコチラ
http://www.pref.niigata.lg.jp/kotogakko/1356813209632.html

 

事業のねらい

キャリア教育の充実を図ることにより、特色ある学校づくりを一層推進し、
「ふるさとへの愛着と誇りを胸に、粘り強く挑戦し未来を切り拓く、たくましいひとづくり」 を目指す。

 

 

事業の内容

1 地域の産業と結びついた活動
○ 技術者からの直接指導や職場実習を就職につなげる。
○ 地域の産業に誇りをもつ将来の担い手を育成する。

2 地域と学校の連携強化
○ 自治体との連携により、地域行事に積極的に参加する。
○ 地域と学校が双方向の関わりをもつ体制を構築する。

3 地域活性化の拠点
○ 模擬会社の運営に参画することにより、起業意識を醸成する。
○ 学校及び地域の特色を広く県内外に発信する。

 

 

さて、塩沢商工高等学校のテーマは、

【塩沢商工が創造する「南魚沼活性化プロジェクト】です。

【目 的】

Employability雇用されうる能力を養い
専門高校としてキャリア教育の観点から将来この地域を支える人材を育成する。

 

【内 容】

(1) 建設業をはじめとする地元企業でのインターンシップの拡充を図る。
また、地元建設企業と連携し、地域の問題に取り組み、地域を支えられる人材を育成する。

(2) 地域行事への参加や地元の産業・特産品のPR、販売活動を行う。
現在99 名の生徒が 43 社において取り組んでいます。

 

 

私は昨年12 月に「ビジネスマナー」や「地域の産業・特産物」等に関する講義を行いました。

 

DSC02166

DSC02159

DSC02176

 

さて、その事業の期待できる効果ですが

 

「インターンシップ」では、職業観や勤労観が育成できるとともに、

将来の進路に対する意識付けを行うことができます。

また、現場見学を通じて土木の重要性が理解でき

これらを 通じて学校では学ぶことのできない技能技術を修得することがでるんだそう…。

「ビジネスマナー」や「地域の産業・特産品」に関する講義では、地元の良さを再認識し

地元をPRし特産品を販売するための基本的なマナーや知識を習得することができます。

DSC02185

DSC02213

DSC02197

DSC02193

DSC02214

DSC02207

 

 

ようは、学生の時に地域の事をたくさん知って、好きになって、

働くと言う事・・・技術や様々な基本を学んで、地域の未来を引っ張っていってほしい。

何よりも一番は

地元に就職してもらいたい、地域の事を知り郷土愛を育み、一度はこの土地を離れたとしても帰って来てほしい。

しゃけのように(*^_^*)

そんなねらいもあります。

 

みんなに聞いてみました。

DSC02173

 

「地元のどこが好き?自慢は?」

とても沢山の「好き」があり、それが「自慢」にもなるわけです。

ちゃんと学生は知っていました。この地域の素晴らしさ。

それがどんな産業に活かされているのか

世界一の秘密や、誇れる事は何なのか

この地に生きている先人から受け継いだ文化・知恵。そこから紐解いてみました。

 

生徒の皆さんから講習の感想をいただいたのでちょっぴり掲載させていただきます。

 

  

3

 

三ヵ年計画ですので、春には2年生の皆さん!応援しています!

今後の予定は「克雪」(除雪)に関する講義を受けるそうです。

未来に向かって頑張ってください!(^o^)/

 

記:小林昌子

 

LINEで送る
Pocket